ニュース
» 2004年12月02日 18時52分 UPDATE

「このPDFは自動的に消滅する」――Acrobat 7の新セキュリティ機能

Acrobat 7とAdobe Policy Serverを組み合わせると、文書が特定の日に期限切れになるように設定したり、コピーが何部配布されていようとすぐに破棄されるよう設定することができる。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 そのPDFから目を離してはいけない――自己崩壊する、つまり破棄されてしまうかもしれないからだ。

 この新機能は、間もなく発売の「Acrobat 7」のデモにおいて、Adobe SystemsがAcrobatをインテリジェントなドキュメントフローの中心として位置付ける上で重要な部分だ。

 Adobeの東南アジア地域グループマネジャー兼台湾販売マネジャーのレイモンド・リー氏は、Acrobat 7で静的なPDFファイルを超えるという同社の目標を強調した。この目標は、Acrobat 6でAcrobat製品がStandard、Professional、Elementsの3バージョンに分かれたときから明確に示されていた。

 セキュリティの点で見ると、Acrobat 7では文書レベルのセキュリティを従来より少ない手順で設定でき、企業は全社的な文書作成ポリシーを設定できる。「Adobe LiveCycle Policy Server」と組み合わせると、文書作成者は動的に、PDFファイルの閲覧を許可する相手をコントロールし、受信者に文書の修正、コピー、印刷、転送を許可するかどうかを決定できる。

 さらに、これらの許可は文書を配布した後でも変更できる。Adobe Policy Serverは、所定の受信者だけがファイアウォールの内外で保護された文書を開けることを保証する。

 特定の日に文書が期限切れになるように設定したり、必要であれば、コピーが何部配布されていようと、すぐに破棄されるよう設定することもできる。Adobe Policy Serverは利用ポリシーを強制的に適用するため、ポリシーが変更されても文書を配布し直す必要がない。

 Acrobat 7のもう1つの重要な特徴が、Adobe Reader 7.0のコメントツールを使って、どのユーザーでもPDF文書の電子レビューに参加できる機能だ。さらにバージョン 7では、Microsoft Officeスイートとの統合が強化され、Microsoft AccessとVisioのレポート、チャート、データベースを、そのままの書式でPDFにできる。Microsoft Outlookでは、フォルダ内の複数のメッセージを1つのPDFファイルに変換して、1つの文書の中にメールのやり取りをまとめ、回覧、アーカイブ、監査証跡に利用できる。

 「例えば、私がAppleとやり取りしたメールと添付ファイルが、書式はそのままで1つのPDF文書に変換される。これらのメールは日付と送信者によってグループ分けされる」(リー氏)

 またAcrobat 7はPDF Organiserインタフェースを備え、自分のPDFファイルを紛失しがちなヘビーユーザー向けの検索・履歴機能を提供する。リー氏が取り上げた調査結果によれば、企業文書の25%が保管場所を忘れられ、見つからなくなるという。従ってより的確に文書を追跡する方法が必要であり、PDF Organiserはその方法を提供できる。

 Acrobatファミリーは年末に提供開始され、Adobe Policy Serverは12月17日に出荷開始される予定だ。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -