速報
» 2004年12月04日 09時38分 UPDATE

米ネット課税禁止法、大統領署名で成立

米大統領はインターネット接続への課税を猶予する法案に署名した。

[IDG Japan]
IDG

 米ブッシュ大統領は12月3日、インターネット接続への課税を3年間猶予する法案に署名、成立させた。

 インターネット課税禁止法は2003年11月1日で期限切れとなっていた。当初の法案は上院で修正され、先月下院を通過。インターネット経由の通話であっても、地方自治体が電話サービスへの課税を継続することを認めている。

 また、修正によって、既にインターネット接続に対して課税している州が、最高4年まで課税を継続することも認められた。

 ITおよび通信業界団体は、大統領による法案への署名を評価。Computing Technology Industry Associationの政策担当ディレクター、ロジャー・コチェッティ氏は「不完全ではあっても重要な勝利」だと評している。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -