速報
» 2004年12月09日 08時37分 UPDATE

Linuxの画像ライブラリimlibに脆弱性

Linuxのイメージライブラリimlibに、「極めて深刻」な脆弱性が発見された。

[ITmedia]

 Linuxに使われているイメージライブラリのimlibに、DoS攻撃を誘発する脆弱性が見つかった。Secuniaのアドバイザリーでは「極めて深刻」と評価している。

 Secuniaに寄せられた報告によれば、imlibには複数の脆弱性が存在し、これを突かれるとリモートからシステムに侵入される恐れがある。この脆弱性は、画像デコーディングルーティン内部の各種整数オーバーフローが原因となっている。細工を施した画像を参照させることでこれを悪用し、バッファオーバーフローを引き起こすことができてしまうという。

 これまでにSUSEが、この脆弱性を含め複数の問題に対応したアップデートをリリースしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -