速報
» 2005年02月14日 19時45分 UPDATE

BitTorrent互換P2Pで有料配信システム

P2P技術とDRMシステムを使って大容量ファイルをセキュアに有料配信できるという。動画ファイルを有料配信するほか、企業向けにASP提供も行う。

[ITmedia]

 エルゴ・ブレインズは2月14日、P2P技術とDRMシステムを使って大容量ファイルをセキュアに有料配信する「グリッド・デリバリーコンテンツ配信システム」を開発したと発表した。今春をめどに、高画質動画配信サービスを有料で提供する予定。企業向けにシステムのASP提供も行う。ギガバイトクラスの大容量ファイルを、HTTPの数分の1のコストで配信できるとしている。

 P2Pプロトコル「BitTorrent」と互換性のあるP2P通信ソフトを独自開発した。無料提供する同ソフトのほか、BitTorrent用クライアントソフトでもコンテンツをダウンロードできる。

 コンテンツの改ざんをチェックする仕組みを装備したほか、ファイルを保存できるPC数や課金ポリシーなどを細かく設定可能なDRMを搭載。電子署名も利用できる。Windowsと連携してドライバレベルでファイル管理するため、動画や音楽、ゲーム、PDFなどさまざまなファイルを同一のDRMで販売可能だ。韓国Hanmaro製DRM「MediaRose」を日本ベリサインがカスタマイズしたDRMシステムを採用している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -