速報
» 2005年04月13日 05時00分 UPDATE

次期OS X「Tiger」、4月29日午後6時発売

Apple Computerは「今年前半」とされていたMac OS X 10.4「Tiger」を正式発表した。Spotlight、Dashboardなどの新機能を満載した新OSは、日本では4月29日午後6時から販売開始される。

[ITmedia]

 Mac OS Xの次期メジャーアップグレードとなる10.4「Tiger」は、米国時間4月29日午後6時から発売される。Apple Computerが4月12日発表した。当日はAppleの直営店と公認リセラーでスペシャルイベントを開催予定。

 米国での小売り価格はシングルユーザーライセンス版が129ドル(日本では1万4800円)、ユーザー5人分のライセンス込みのFamily Packは199ドル(日本では2万2800円)。Apple Storeでは12日から先行予約の受け付けを開始している。

 スティーブ・ジョブズCEOは発表文に寄せた談話で「Mac OS X Tigerは、これまでつくられた中で最も革新的でセキュアなデスクトップOSだ。Spotlight、DashboardなどTigerの画期的な新機能はコンピュータ利用のあり方を変え、当社のライバルたちはこれを真似しようと躍起になるだろう」とコメントしている。

 SpotlightはMacに保存されたファイルなどを高速検索できるデスクトップ検索技術。文書、電子メール、連絡先、画像などの検索が可能で、例えばiTunesに保存した楽曲を曲名、アーティスト、アルバム名で探し出せる。文書の内容とメタデータも検索対象となる。

 Dashboardは「ウィジェット」という新アプリを使って、例えば天気予報や株価といった情報や電卓、通貨換算、電話帳などのツールに簡単にアクセスできる機能。自分の好みのDashboardウィジェットをクリックすると情報が表示され、もう一度クリックすると元の状態に戻る。出荷時点で14種類のウィジェットが提供されるが、DashboardはHTMLやJavaScriptなどの標準技術を使っているため、サードパーティーの開発者が簡単に新しいウィジェットを開発し、自分のDashboardに組み込むことができるという。

 このほか、ユーザーがよく使うタスクを簡単に自動化できるワークフローアプリケーション「Automator」、インスタントメッセージング(IM)クライアント「iChat」の新版、フル機能のRSSを組み込んだブラウザ「Safari」などが盛り込まれている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -