速報
» 2005年04月18日 16時59分 UPDATE

AdobeがMacromediaを34億ドルで買収

FreeHandとIllustrator、GoLiveとDreamweaver。戦場を変えながら常にライバル関係にあった2社、Adobe SystemsとMacromediaがついに合併した。

[ITmedia]

 Adobe Systemsは4月18日、Macromediaを買収する契約を締結したと発表した。買収金額は約34億ドル。

 Adobeのブルース・チゼンCEOは「顧客は作成、管理、そして優れたコンテンツとアプリケーションを提供する統合されたソフトウェアソリューションを求めており、両社が力を合わせ、強力な開発、オーサリング、コラボレーションソフトウェアを作り出すこと、PDFとFlashの相互補完的な機能とあわせて、Adobeはこのビジョンを現実のものとし、業界のテクノロジープラットフォームをもたらす」と述べている。

sk_adobe.jpg 合併を知らせる米Macromediaのサイト

 合併は両社の取締役会の承認を受けており、Macromediaの株主はMacromedia株をAdobe株と0.69の比率で交換することができる。旧Macromediaの株主は合併後、全体の約18%を占めることになる。

 AdobeのCEOはチゼン氏が、社長兼最高執行責任者はシャンタヌ・ナライェン氏が合併後も担当する。Macromediaの社長兼CEOのスティーブン・イーロップ氏はワールドワイドフィールドオペレーション担当社長に、マレー・デモ氏は執行副社長および最高財務責任者を継続。Adobe創業者の2人、ジョン・ワーノック博士とチャールズ・ゲシキ博士は取締役会の共同会長に、Macromediaの取締役会会長だったロブ・バージェス氏もAdobe取締役会に参加する。

 「MacromediaとAdobeはさまざまなデバイス、OSにおいて素晴らしい使い心地を作り上げ、提供してきた」とエロップ氏。「2社が組んだチームは強力なイノベーションを最新のプラットフォーム上に作り出し、コンテンツとアプリケーションを提供していく」と述べた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -