速報
» 2005年04月26日 10時54分 UPDATE

SamsungとMS、フラッシュとHDDを合体させた「ハイブリッドハードディスク」発表

フラッシュメモリを併用することでHDDの回転を減らす「Hybrid Hard Drive」がWinHECで披露された。搭載したノートPCは2006年後半に量産出荷開始予定。

[ITmedia]

 Samsung Electronicsは4月25日、同社のOneNANDフラッシュメモリがMicrosoftがプロトタイプ公開したHybrid Hard Drive(HHD)に使用されていると発表した。HHDはWinHEC 2005で披露された。

 HHDは小型のOneNANDをハードディスクアーキテクチャに組み込んだもので、OneNANDの高速な読み書きおよび低消費電力とハードディスクの大容量ストレージの両方の利点を享受できるとしている。ハードディスクは常にディスクを回転させておく必要があるが、フラッシュを併用することでこの問題を解決できるという。MicrosoftとSamsungは2003年末からHHDを共同開発しており、HHDの搭載によりLonghornの高速ブートが可能になるという。

 HHDのプロトタイプには1GビットのOneNANDをライトバッファおよびブートバッファとして使用。動作中の多くの時間では、メカニカルドライブはスピンダウンしており、データはフラッシュのライトバッファに書き込まれる。ライトバッファがいっぱいになるとドライブが回転し始め、データがハードディスクに書き込まれるという仕組みだ。

 MSのWindowsハードウェアエクスペリエンスグループ、ジェネラルマネジャーのトム・フィリップス氏は「SamsungのHHDプロトタイプの最初のテストでのパフォーマンスには満足している」と話している。また、HHDは構造上、低温で動作し、衝撃に強いという。

 HHDはOneNANDを内蔵するためコストは若干上がるが、メンテナンスコストが低くて済むこと、非回転時の消費電力が95%低減されること、ブート時間の短縮、信頼性の向上など、メリットが大きいとSamsungでは話している。

 Samsungによれば、HHDを搭載したノートPCは2006年後半に量産出荷開始されるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -