速報
» 2005年05月14日 06時59分 UPDATE

音楽リスナーのラジオ利用減少、PCが急上昇

NPDの報告によれば、米国では音楽を聴く手段としてPCを利用するリスナーが前年の2倍以上に激増。一方依然首位のラジオは4%減少した。

[ITmedia]

 米国のリスナーが音楽を聴く手段はいまだにラジオやオーディオ機器が主流だが、ラジオが減少傾向にあるのに対し、PCの利用が目に見えて台頭してきていることが、調査会社NPD Groupが実施した調査で分かった。

 NPDでは今年3月、13歳以上の5000人を対象に調査を実施、この結果をもとに米国での利用者数を推計した。音楽を聞く手段としては依然、ラジオが筆頭に挙げられているが、リスナー数は前年の2億300万人から、今年は1億9400万人となり4%減少した。これに対し、PCに保存した音楽を聞くリスナーは6320万人から7720万人へと22%上昇。オンラインラジオは4530万人から5350万人へと18%増え、オンライン音楽のフリーストリーミング利用も3370万から4610万へと37%伸びている。

 また、音楽をPCにリッピングするコンシューマーは昨年に比べて102%増、MP3プレーヤーへの音楽転送は127%増、有料音楽ダウンロードの利用は93%増と、それぞれ2倍前後に激増した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -