速報
» 2005年05月25日 16時14分 UPDATE

プロ球団公式サイト訪問者数と観客動員数は比例?

ネットレイティングスによれば、インターネット上でのプロ野球人気は健在のようだ。また、球団公式サイトの訪問者数と観客動員数の間には高い相関関係が認められたという。

[ITmedia]

 ネットレイティングスは5月25日、4月の月間インターネット利用動向調査結果を発表した。

 これによると、プロ野球の開幕に伴い、12球団の公式サイトへのアクセスが一斉に増加し、特に阪神サイト(59.3万人)と巨人サイト(54.7万人)への訪問者数が、他球団を大きく上回った。

 初めてIT・ネット企業が運営する球団として注目が集まるソフトバンクは4位(29.6万人)、楽天は5位(26.2万人)にランクインした。

 公式サイトへのアクセス数と、4月における1試合あたりの平均観客動員数を比較してみると、1〜4位まではランキングが一致するほか、観客動員数がもっとも少ない西武がサイト訪問者数でも最下位になるなど、高い相関関係が認められるという。

 プロ野球は、スポーツニュース/情報の中で、もっとも人気が高いコンテンツとなっており、「Yahoo!スポーツ」においては、メニュー別訪問者数が333万人と、ほかの競技を圧倒。このほか、米メジャーリーグも53万人の訪問者を集めている。

 同社代表取締役社長の萩原雅之氏は、「人気低迷と言われるプロ野球だが、ネットユーザーの関心はほかのスポーツに比べて高いようだ」と分析。また、球団公式Webサイト訪問者数と観客動員数に高い相関が見られたことから、「ファンの獲得と維持のために、各球団ともWebサイトの活用を真剣に考える必要がある」と提案している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -