速報
» 2005年05月27日 08時21分 UPDATE

仕事中も休暇中もチェック欠かさず――米国人の“メール中毒”実態調査

61%が職場でも私用メールをチェック、メールを見ずにいられるのは2〜3日が限度という人が4人に1人という。

[ITmedia]

 朝起きるとまずメールをチェック、職場でもバカンス中もチェックせずにはいられない――。米America Online(AOL)は5月26日、米国人の“電子メール中毒”ぶりを示すこんな調査結果を発表した。

 この調査はAOLとOpinion Researchが米国の20都市に住む18歳以上を対象にオンラインで実施、4012人から回答を得た。

 1日にメールに費やす平均時間は約1時間で、41%が朝1番でメールをチェック。仕事から帰るとすぐにチェックする人は14%、夕食直後は18%、就寝前は14%。真夜中にチェックしたことがあるという人も41%に上った。

 61%が職場でも私用メールをチェック。平均の回数は1日3回で、その現場を上司に見つかったという人も9%いた。そのほかにもベッドの中でパジャマ姿で(23%)、授業中(12%)、会議中(8%)、ビーチやプールサイド(6%)、バスルーム(4%)、運転中(4%)などあらゆる場面でメールをチェック。メールを見ずにいられるのは2〜3日が限度という人が4人に1人(26%)を占めた。

 複数のメールアカウントを持っているユーザーは77%で、アカウント数は2〜3個という人が56%。平均アカウント数は2.8だった。半面、26%は1つのアカウントを誰かと共有していると答え、その相手は配偶者(21%)、子供(7%)、友人(6%)、親(3%)など。

 新しく出合った相手に自分のメールアドレスを教えるという人は32%で、自宅の電話番号(37%)とほぼ並び、携帯電話番号(28%)を上回った。

関連キーワード

AOL | 子供 | 休暇 | Webメール


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -