速報
» 2005年06月04日 06時05分 UPDATE

Google、Webインデックス強化の新ツールβ公開

サイトの検索情報をGoogleに提出するためのツール「Google Sitemaps」がβ公開された。ただし、ランキング操作には利用できない。

[ITmedia]

 自分のWebサイトのURL情報などをGoogleに送り、検索結果への反映を強化できる新ツール「Google Sitemaps」のβ版が公開された。

 このツールは個人サイトから企業サイトまで、あらゆるサイトの運営者が無料で利用できる。XMLのサイトマップを作成してWebサーバに置いておくと、Googleの巡回プログラムがこれを参照して巡回強化に利用。検索対象となるWebページの範囲を広げ、検索結果により新しい情報を反映させることが可能になるという。

 サイトマップはWebページのURL一覧で構成され、各ページの最終更新日時、更新頻度などの情報を含めることも可能。Googleが提供している「Sitemap Generator」でこれを作成すると、自動的にGoogleに提出される。

 Sitemap Generatorを利用するためには、Webサーバに接続してファイルをアップロードし、スクリプトを実行できる知識が必要。WebサーバにはPython 2.2以降がインストールされている必要がある。Generatorを使わない場合はテキストファイルも利用でき、Sitemapsアカウント経由かHTTPでGoogleに提出できる。

 なお、Sitemapsを使ってもGoogle検索のランキングに影響を与えることはなく、ランキング計算方法が変わることはないとGoogleは断っている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -