速報
» 2005年06月07日 03時07分 UPDATE

Apple、Intelプロセッサ採用を正式発表

「次の10年はIntel技術に託す」とスティーブ・ジョブズ氏は宣言した。PowerPCからIntel Architectureへの大転換は、開発キット配布を始める今日からスタートし、2007年末までには全ラインの移行を完了するという。

[ITmedia]

 Wall Street Journalの第一報どおり、Apple Computerは6月6日、Worldwide Developer's Conference(WWDC)基調講演で、プロセッサをIntelベースに切り替えると発表した。移行は2006年からスタートし、2007年末までにすべてのMacintosh製品をIntelベースにするという。

 Appleのスティーブ・ジョブズCEOは「われわれの目標は、世界最高のパーソナルコンピュータを顧客に提供するというもので、将来を展望すると、Intelが最強のプロセッサロードマップを持っていることが分かった。PowerPCへの移行から10年が経過した。Intelの技術の助けを得て、次の10年間、最高のパーソナルコンピュータを作っていくことができると考えている」と述べた。

 Intel社長兼CEOのポール・オッテリーニ氏は「世界で最も革新的なパーソナルコンピュータ企業を顧客に迎えることができてわくわくしている」と述べた。「AppleはPC業界の創設を助け、新鮮なアイデアと新しい方法を何年にもわたって繰り出してきた。われわれは先進的なチップ技術を提供し、この新たな取り組みで協力することにより、Appleが今後も革新的な製品を提供できるよう、役立ちたいと考えている」と同氏。

 MicrosoftのMacintosh Business Unit(Mac BU)はPowerPCとIntelの両方に対応したMicrosoft Office for Macの開発意向を表明し、Adobe SystemsもCreative Suite for Macintoshの将来バージョンでIntel、PowerPCの両プラットフォームをサポートすると述べている。

 開発移行キットのDeveloper Transition KitはADC(Apple Developer Connection)のSelectおよびPremiere会員向けに999ドルで受注が開始された。この開発キットにはIntelプロセッサに対応するためのツールと、3.6GHz Pentium 4搭載のハードウェア開発プラットフォーム(貸与)が含まれる。出荷は2週間後。Intelは今年後半にApple向けに開発ツールを提供する予定。この開発ツールには、Intel C/C++ Compiler for Apple、Intel Fortran Compiler for Apple、Intel Math Kernel Libraries for Apple、Intel Integrated Performance Primitives for Appleが含まれる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -