速報
» 2005年06月08日 14時50分 UPDATE

HD DVD-Rディスクの量産技術を確立 来春発売へ

日立マクセルと三菱化学メディアが、新色素を使って現行DVD-RラインでHD-DVD-Rの試験量産に成功した。

[ITmedia]

 日立マクセルと三菱化学メディアは6月8日、HD DVD-Rディスクの量産試作に成功し、今後の量産化のめどをつけたと発表した。東芝などによるHD DVDレコーダーや記録型HD DVDドライブ搭載PCの市場投入に合わせ、来春にHD DVD-Rディスクを発売する計画だ。

 HD DVD-Rは1回限りの記録が可能。容量は1層15Gバイト。

 試作では、三菱化学メディアと林原生物化学研究所、、東芝の3社が共同開発した有機色素材料を採用した。従来の有機色素は青紫色レーザーに対する感度と再生耐用性などに課題があったが、新材料の実用耐性を確認できたという。

 日立マクセルと三菱化学メディアは、現行のDVD-R製造ラインで新色素を使い、HD DVD-Rディスクの試験量産に成功した。

 東芝は「今回の色素材料を使用することなどにより、現行DVD-R設備を有効に活用することが可能」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -