ニュース
» 2005年06月08日 15時36分 UPDATE

コミュニティーでプロモ企画も 「mixi」から生まれた本

[岡田有花,ITmedia]

 ソーシャルネットワーキングサイト(SNS)「mixi」内の日記を書籍化した「59番目のプロポーズ」(6月15日発売、1575円)は、他のブログ本とは一線を画す。縦書きの文芸本で、表紙には「ネット」や「ブログ」という文字がない。mixiのファンコミュニティーで募集した文章を帯に採用。コミュニティーでキャンペーン手法を募っている。出版社と筆者とファンが、1つの“文芸作品”を、一緒に作り上げている。

yu_mixi_01.jpg

 筆者のアルテイシアさんが日記を書き始めたのは昨年12月(関連記事参照)。軽妙な文章と濃い内容が、mixiに参加する編集者や作家の間で評判になり、1月ごろから、出版のオファーが次々に来た。

 美術出版社の大下健太郎社長もオファーを出した1人。作家の友人から勧められてこの日記を読み、とりこになったという。「(アート関連本がメインの)美術出版社とは微妙に合わない分野だが、ぜひうちから出したいと思った」(大下社長)。社長自ら神戸に出向き、大手出版社など10社もの競合がひしめく中アルテイシアさんを口説き落とした。

 「文章が軽快で面白く、内容のある本。ブームに乗っただけのブログ本と思われたくない」(大下社長)。純粋な文芸本として発刊しようと、表紙からは「ブログ」や「ネット」という文字を廃した。タイトルは、アルテイシアさんがニックネームに利用していた「59番目のプロポーズ〜愛戦士編〜」の案を却下。「59番目のプロポーズ」だけにして、ネットユーザーやガンダムファン以外にも受け入れてもらえるよう気を配った。

 読者の力も借りた。mixiのファンコミュニティーには、ファンの1人が「59番日記ベストセラー化計画」のトピックを立ててプロモーション企画を募集。いくつかは実際に行うことにした。帯の言葉は、ファンコミュニティーでもっとも人気が高かったものを使った。

yu_mixi_02.jpg 帯のメッセージ「僕は59人目にしてはじめて『やらせてくれ』と言わない男になります」は、ファンが最も印象に残った言葉だった

 初版の部数は「かなり強気」。書店に驚かれるほど刷ったという。それも「mixiでの読者の反応を見ていて、自信がついたから」(大下社長)。

 書店は今、次々に発刊されるブログ本に飽き飽きしており「ネット関連の本」と聞いただけでいやな顔をする店もあるというが、59番目のプロポーズは「実際に読んでもらうと、書店員も納得してくれた」(大下社長)。注文の数も順調に伸びているという。

yu_03.jpg 専門知識がない人にも分かるよう、丁寧な注もつけた

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -