速報
» 2005年06月29日 16時14分 UPDATE

Windows XP Starter Editionスペイン語版、メキシコで発売開始

Microsoftは新興国向け低価格版Windowsをメキシコで発売する。今回の取り組みには、DellなどのPCメーカー、地元のローン会社も協力している。

[ITmedia]

 Microsoftは6月28日、低価格版Windows「Windows XP Starter Edition」初のスペイン語版をメキシコでリリースしたと発表した。

 メキシコは、新興国向けにWindowsを普及させるためのプロジェクトであるStarter Editionが発売される6番目の国で、スペイン語圏としては初めて。

 IDCのリカルド・セルメフィオ氏によれば、メキシコでは家庭でのPC普及率はわずか6%。PC普及のためには、Starter EditionとともにPC向けのほかのコンポーネントが低価格化される必要があると述べている。今回の取り組みには、DellなどのPCメーカー、地元のローン会社も協力している。

 28日から販売開始され、メキシコだけでなく、ラテンアメリカでも提供される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -