速報
» 2005年07月22日 08時32分 UPDATE

Tiger搭載の自動制御カー、国防総省のグランドチャレンジに出場

Mac OS Xで完全自動制御の改造車が、米国防総省主催のカーレースのセミファイナルに出場する。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 米国での大会用に開発された完全自動制御の新しい自動車に、Apple技術が使われている。

 「チーム・バンザイ」は北米全土で118のエントリーから選ばれた40チームの1つとして、米国防総省国防高等研究事業局(DARPA)が主催する2005年グランドチャレンジのセミファイナルに出場する。

 同チームはTigerパワーでカスタマイズしたVolkswagenのTouareg(ドラ号と命名)を開発。すべての開発とレースの管理にMac OS X技術を利用している。

 自動車を制御する電子ピストンとベルトの内部にPower Mac G5のOS Xを組み込み、ハンドルとブレーキ、アクセル、変速装置をコントロールしている。

 目的地までのナビゲートは一連のGPSウェイポイントに従い、レーダー、ビデオカメラ、ソナー、レーザーなどのセンサーが路面を調べて障害物を評価する。

 セミファイナルに残った40チームは、自己制御式の車で曲がりくねったり障害物が随所に置かれている200メートルのコースを切り抜けられることを実証する必要があった。

 9月27日から10月5日にかけてカリフォルニア・スピードウェイでNational Qualification Event(NQE)が開かれ、ここで残った20チームが10月8日、200万ドルをかけたグランドチャレンジに出場する。

 今回の試みはAppleともつながりがある。チーム・バンザイを率いるジョン・チョイ氏はBanzai Research Instituteの創設者で、NeXTとAppleでソフト設計者を務めた経歴の持ち主。

 チームには、Appleの現上級コンサルティングエンジニアで元NeXTデベロッパーのビング・チェン氏、元NeXTコンサルタント/Appleソフトエンジニアのケニー・レオン氏が加わっている。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -