速報
» 2005年07月22日 17時31分 UPDATE

宇宙旅行、行きたいが予算は100万未満

行ってみたいが出せる予算は「100万未満」とまだ高嶺の花の宇宙旅行だが、ビデオやデジカメ持参で食べたいのは和食、と旅先の行動は宇宙でも大差ないようだ。gooリサーチの調査から。

[ITmedia]

 gooリサーチは、「あなたにとって宇宙とは」アンケートを実施、その結果を発表した。

 これによると、「宇宙旅行の代金がいくらなら行きたいか」は、「100万円未満」が41.03%と圧倒的に多かった。

グラフ

 英Virgin Galacticと日本のクラブツーリズムが2008年に予定している民間の宇宙旅行の費用は、20万ドル(約2100万円)。2000万円以上払うと答えた人は0.28%だった。とはいえ、「宇宙旅行はしたくない」と回答したのは28.79%で、費用は別として7割が宇宙旅行をしてみたいと考えているようだ。「行きたくない」と答えた人の理由は「怖い」「地球に帰還できないかも」「体力的に無理」など現実的な回答が多かった。

 一緒に宇宙旅行に行きたい人は「家族」が56.33%でトップ。次いで「一人で」(14.73%)、「恋人」(13.95%)、「友人」(11.76%)の順になった。

 また、宇宙に何を持ち込み、何がしたいかに関しては、「ビデオカメラ」「デジタルカメラ」が圧倒的に多く、「旗を持って行っていき、持った姿を撮影する」などの回答があった。旅行先が宇宙でも「記念写真」は基本のようだ。ほかには「ペットと浮遊して遊ぶ」「液体で実験したい」など無重力空間ならではの行動をあげる人が多かったようだ。

 「宇宙で食べたいもの」は、「和食」が64.99%。具体的にはおにぎりやみそ汁、お茶漬け、納豆、寿司などのメニューが挙がった。また、スープ類を「チューブを使わずに飲めるかどうか試したい」という好奇心旺盛な意見も目立った。

グラフ

 宇宙開発に関する設問では、半数近くが「必要な開発とそうでない開発がある」(46.64%)と回答。「どんどん開発を進めるべきだ」という積極派は21.53%、未知の領域があってもいいと「開発を進めるべきではない」意見は3.96%だった。

 調査は、日刊工業新聞社とNTTレゾナントが共同で「gooリサーチ」を利用して実施。回答者は1087人で、回答者の年齢構成は、18歳以上〜29歳以下16.38%、30歳〜39歳17.20%、40歳〜49歳20.79%、50歳〜59歳21.53%、60歳以上24.10%。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -