ニュース
» 2005年07月22日 21時46分 UPDATE

お台場で人体データ通信体験――ソニー研究所展

ソニー研究所の最新技術を体験できる展示会がお台場で開催中。人体データ通信や人間とコンピュータのジャズセッション、次世代インタフェースなどに触れられる。

[岡田有花,ITmedia]

 東京・お台場にあるソニー・エクスプローラサイエンスで7月24日まで「ソニーコンピュータサイエンス研究所展」が開かれている。人体を導電線代わりにデータ通信する技術や、コンピュータとのジャズセッション、新感覚インタフェースなど、ソニーの新技術を見て触って楽しめる。

 ソニーコンピュータサイエンス研究所は、ソニーグループで独創的な研究を行う組織で、1998年に設立された。コンピュータ科学に加え、脳科学やシステム生物学まで多様な研究を行っている。

 これまで、マスコミや招待客向けに研究を公開したことはあったが、誰でも見られる一般公開は今回が初めて。最新の研究成果を入場料500円(16歳以上の場合)で体験できる。

photo ソニーコンピュータサイエンス研究所展

 人体データ通信が体験できる展示は2種類。テーブルの上の2つの電極に手を置くと、右のディスプレイで流れているDVD映像が左のディスプレイにも流れる装置と、データ通信をセキュリティキーに使う「WearableKey」だ。

 WearableKeyは、電極を装備した腕時計状バンドにキーとなるデータを格納。バンドを装着して電極付きマウスを握れば、データが時計からマウスに送信され、キーが解除される仕組みだ。

photo 右のディスプレイのDVD映像が、左のディスプレイに送られる
photo WearableKey。腕時計状バンドとマウスに電極を装備。バンドをつけてマウスを握ると、ロックが解除される

 大人も子どもも夢中になっていたのが「Active CyberCube」。2次元バーコード付き六面体をWebカメラで読み取ると、面の部分が地球儀やペンギンなどの3D映像に変化し、ディスプレイに表示される。四角い白い箱を持っているはずなのに、ディスプレイ上では、透明な箱に入った地球儀を持っているように映る。

photo Active CyberCube。地球はくるくる自転して見える。平面パネルを使った「Active CyberCode」もある

 コンピュータと人間のジャズピアノセッションも楽しめる。「Continuator」は、人間が演奏したキーを覚え、同じキーを使った新しいメロディーを即座に作り出す。人間が上手に合わせてやれば、まるで2人でセッションしているような演奏を楽しめる。パリの研究所で生まれた技術だ。

photo 演奏するのは日本に2人しかいないという“Continuator使い”のミュージシャン、庄子智一さん。軽妙な演奏とトークで会場に人だかりを作っていた
photo 人間の顔部分を認識するシステム。ディスプレイ上で顔から星が出たり、隕石が顔に当たって跳ね返ったりする。「EyeToy」の顔専用版といったところ。子ども達に人気だった
photo 指1本で画像をあやつるインタフェース「PreSense」。押し込むと手応えが伝わってくる。真ん中を押すとズームイン、端を押すとズームアウトする
photo 「LUMEN」と名付けられた次世代インタフェース。手前のディスプレイをペンでなぞると、奥のデバイスに敷き詰められたアクリル棒が、なぞった順番で浮かび上がって発光する

 ソニーコンピュータサイエンス研究所展は7月24日まで。23日と24日には、研究者によるトークセッションも行われる。

 ソニー・エクスプローラサイエンスの入場券で入場できる。大人500円、子ども(3歳以上、16歳未満)300円。営業時間は午前11時から午後7時まで。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -