速報
» 2005年07月25日 14時02分 UPDATE

MSの“Earth”検索、β版が始動

Google Earthに対抗する「MSN Virtual Earth」のβ版がリリースされた。航空写真と道路地図を重ねて表示したり、Wi-Fiを使って自分の現在地を特定したりできる。

[ITmedia]

 米Microsoftは7月24日、「MSN Virtual Earth」のβ版をリリースした。このサービスでは、ユーザーはローカル検索で見つけた場所を、詳細な地図と航空写真上で特定できる。

 「不案内な街で近くの中華料理店やホテルから歩いていける銀行のATMを探そうとしたとき、従来型のインターネット検索では必要な視覚的情報が得られない。MSN Virtual Earthでは、現地にいるかのように、そこでできることを簡単に見つけ出せる」と同サービスおよびMapPoint事業ジェネラルマネジャー、ステファン・ローラー氏は発表文で述べている。

ah_map1.jpg MSN Virtual Earth

 Virtual Earthでは次のような機能が利用できる。

  • ラベル付き航空写真:航空写真に道路網や重要な情報を重ねて表示することができる。
  • Locate Me:Virtual Earthとシームレスに連係するクライアントソフト「Microsoft Location Finder」をダウンロードし、「Locate Me」リンクをクリックすると、Location FinderがWi-Fiアクセスポイントを使ってユーザーの現在地を特定し、その場所を地図の中心に表示する。
  • Scratch Pad(メモ帳):ローカル検索を行ったときに、名前や住所、説明などの検索結果をリストあるいは旅行プランとしてScratch Padに保存できる。ユーザーは検索結果を容易に編集し、それを電子メールで送ったり文書にコピーしたり、MSN Spaceのブログに追加したりできる。
  • Permalink:定期的に同じ検索を行う人や、他人と特定の検索結果を共有したい人向けの機能。Permalinkはマップビューや検索結果などを保存し、Virtual Earthに戻ってマップビューと検索を作り直せるURLを作成する。Permalinkはブックマークに登録したり、友人にメールで送ったり、クリップボードにコピーすることができる。

 このほか、Virtual Earthはイエローページを統合し、ユーザーによるフィードバックを受け付けるCommunityリンクを備える。

 またMicrosoftは開発者向けリソースセンターでVirtual Earthのマップコントロールを開発者向けに提供する。開発者は非営利目的であれば、Virtual Earthを自分のアプリケーションやWebサイトに組み込むことができる。

 Virtual Earthは現在、街路まで表示できる詳細な米国の地図を提供している。年内に予定されている次のβリリースでは、Pictometry International Corp.からライセンスを受けた、斜め45度の角度から都市や建物を見られる画像を提供する予定だという。

ah_map2.jpg サンフランシスコ州立大学の航空写真

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -