速報
» 2005年08月10日 08時31分 UPDATE

「米連邦地裁がGoogle検索広告の商標権侵害を認定」とGEICO発表

保険会社がGoogleを訴えた裁判で米連邦地裁は、有料検索で他社の商標を使うのは商標権侵害に当たるという判断を示した。

[ITmedia]

 保険会社のGEICOが米Googleを相手取り、GEICOの名称を使った検索広告をGoogleが他社に販売しているのは商標権侵害に当たると訴えている訴訟で、米連邦地裁がこの主張を認める判断を示したと、GEICOが8月8日発表した。

 発表によれば、ブリンケマ判事は決定書の中で、有料検索でGEICOの商標を使うのは違法だと指摘。「見出しあるいは本文にGEICOの商標を使ったスポンサー付きリンクに関する限り、混乱の可能性があり、従って法律違反に当たることを(GEICOは)立証した」との判断を示したという。

 審理は両社の和解交渉期間を設けるため30日間保留となる。和解が成立しなかった場合は審理が再開され、損害賠償額の決定と、責任がGoogleにあるのかそれともGoogleに広告を出している側にあるのかが検討されるという。

 GEICO顧問弁護士のチャールズ・デイビーズ氏は発表資料で「この決定に照らして、検索エンジンとその広告主は、他社の商標を有料検索広告に使おうとすれば責任を問われる可能性があることを肝に銘じておくべきだ」と述べている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -