ITmedia NEWS >
速報
» 2005年08月19日 20時23分 UPDATE

「livedoor ニュース」選挙報道縮小 堀江社長出馬で

堀江社長の衆院選出馬を受け、ライブドアの報道部門が選挙報道の縮小を発表。公選法に抵触する恐れのある行為を自粛する。

[ITmedia]

 ライブドアは8月19日、同社の堀江貴文社長の衆院選出馬を受け、ニュースサイト「livedoor ニュース」での選挙報道を、選挙期間中は縮小すると発表した。公職選挙法に抵触する恐れのある行為を自粛する。

 ポータルサイトのトップページの「注目ニュース」で、政治や選挙関連記事の掲載を控えるほか、同社報道部門も、特定政党や候補者に関する記事を書かない。選挙特集ページは、ニュース配信元が提供する記事を時系列で掲載するにとどめる。

 また、9月2日の発売を予定していた、堀江社長のインタビューなどを収録した書籍「livedoor? 何だ?この会社」(ライブドアパブリッシング)は、投票日翌日の9月12日に発売を延期する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.