速報
» 2005年08月20日 06時44分 UPDATE

検索エンジン首位はGoogle、ツールバーはYahoo!が健闘

comScoreによる7月の検索エンジンランキングでは、GoogleとYahoo!が上位を占めたが、検索数の伸び率ではMSNが30%増でトップ。

[ITmedia]

 comScore Media Metrixは8月19日、7月の検索エンジンランキングを発表した。米国で実行された全検索に占めるシェアはGoogleが36.5%で首位をキープ、次いでYahoo!が30.5%、MSNが15.5%、Time Warner Network(AOL)が9.9%となっている。

 米国の検索総数は前年同月に比べて22%増の48億件となった。市場の大部分がGoogle、Yahoo!、MSN、Time Warner、Ask Jeeves、InfoSpaceの上位6検索エンジンで構成される状況は変わらず、この6エンジンを合わせた市場占有率は99.4%。検索件数が最も増えたのはMSNで、前年同月比30%増の7億4400万件となった。

 7月の検索総数のうちツールバーを使って行われたのは11%で、前年同月の8%から上昇。最も人気が高いのはYahoo!のツールバーで、7月のツールバー検索のうち51%を占めた。Yahoo!ツールバーを使った検索件数は2億8200万件を突破、前年比で74%の伸びを示している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -