速報
» 2005年09月03日 08時23分 UPDATE

Googleが初のMac OSソフト開発――まずはGmail Notifier

Macユーザー待望の、Gmail NotifierのMac版βが公開された。Google初のMacソフトとなる。

[ITmedia]

 米Googleは自社のメールサービスGmailの新着メッセージを通知するアプリケーション、Gmail NotifierのMac OS X対応β版を公開した。Gmail NotifierはこれまでWindows版しかなかった。

 Gmailサービス自体はWebブラウザで利用できるWebメールだが、この新ツールを使うことにより、ブラウザを開かずにメッセージを見ることができる。このほかに、ブラウザでGmailを開くときにログインする必要がなくなる、Gmailをデフォルトのメールプログラムにできる、などの機能がある。

 Gmail Notifierを起動すると、メニューバーに常駐し、未読メッセージ数が表示される。メールチェック、インボックスへのアクセス、新規メッセージ作成などがこのメニューから可能。

 作者のグレッグ・ミラー氏はGoogleのソフトウェアエンジニアで、Google独特の「仕事時間の20%を自由な開発に使っていい」制度を利用し、「自分自身がMacユーザーで家族もほとんどがMacユーザーなので、すべてのMacユーザーが便利になるアプリケーションとしてGmail Notifierを開発することにした」と述べている。

 また、同氏は「これはGoogle初のMacソフトだが、これが最後になることはないだろう。Macユーザーのみなさん、ご期待を!」と結んでいる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -