速報
» 2005年09月21日 16時39分 UPDATE

2層30GバイトHD DVD-Rを開発 来春発売のレコーダーで対応

東芝が2層30GバイトのHD DVD-Rを開発。年内の規格書発行を目指し、来春発売予定のHD DVDレコーダーでサポートする予定だ。

[ITmedia]

 東芝は9月21日、次世代DVDの追記型「HD DVD-R」で、容量を30Gバイトに高めた2層ディスクを開発したと発表した。このほどDVDフォーラムでHD DVD-Rのver1.9として承認され、年内にver2.0として規格書発行を目指し、同社が来春発売予定のHD DVDレコーダーでサポートする予定。

 HD DVD-Rは1回限りの記録が可能。今年2月に容量15Gバイトの1層ディスクの規格書(ver1.0)が公開された。大容量化に向け、色素メーカーと共同開発した新色素を使って2層ディスクをDVDフォーラムに提案し、承認された。

 新ディスクは現行DVDや再生専用のHD DVD-ROM、書き換え型のHD DVD-RWと同様に0.6ミリ厚ディスクを2枚貼り合わせた構造を採用している。記録層には現行DVD-Rと同様に有機色素を使うため、DVD-R製造設備の活用でコストを抑えられるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -