速報
» 2005年10月03日 19時14分 UPDATE

次期OfficeはPDFをネイティブサポート

Office 12では「名前を付けて保存」コマンドを使って、PDFフォーマットで文書を保存することができる。

[ITmedia]

 米Microsoftは、コードネームで「Office 12」と呼ばれる次期版オフィススイートでPDFフォーマットをネイティブサポートすることを明らかにした。

 Office 12ではWordやExcel、PowerPointなどのOfficeアプリケーションの「名前を付けて保存」コマンドを使って、PDFフォーマットで文書を保存できるとOffice製品開発部門の上級副社長スティーブン・シノフスキー氏はMicrosoftのWebサイトで述べている。

 顧客の要望に応えてこの機能を組み込んだと同氏。PDFのネイティブサポートはMicrosoft Office Systemのオープン性のレベルを一段高め、同製品の魅力をさらに広げると同氏は考えている。

 Office 12で出力されたPDF文書は、Adobe Acrobat 5.0以降などバージョン1.4の仕様をサポートするあらゆるPDFビュワーと互換性があり、ハイパーリンクを含めることもできる。スクリーンリーダー(読み上げソフト)からもアクセスできる。

 またOffice Publisher 12で生成されたPDF文書は、CMYKカラーモデル、ページ記号印刷などのプリプレス機能をサポートする。

 Office 12で作成されたPDF文書はAdobe DRMやパスワードシステムをサポートしない。企業内でコンテンツを管理する場合は、Microsoft SharePoint製品でPDF文書をインデックス化できるという。

 Office 12は2006年後半にリリースされる予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -