ニュース
» 2005年10月13日 22時04分 UPDATE

ふかわりょう=フリーター、「人生ゲーム 芸人魂」

タカラはボードゲーム「人生ゲーム」の最新作「人生ゲーム 芸人魂」を販売する。お笑い芸人となって「芸能界の殿堂入り」を目指すが、芸人選択がうまくいかないと「ふかわりょう」としてプレイすることになる

[ITmedia]

 タカラは10月13日、定番ボードゲーム「人生ゲーム」の最新作「人生ゲーム 芸人魂」を10月27日より販売すると発表した。価格は3780円。

photo 人生ゲーム 芸人魂

 「人生ゲーム 芸人魂」は、芸能プロダクション「ワタナベエンターテインメント」との協力で誕生した「人生ゲーム」。プレイヤーはネプチューン、青木さやか、波田陽区、マイケルなどワタナベエンターテインメント所属のお笑い芸人となって芸能界を生き抜き、最終的には「芸能界の殿堂入り」を目指す。

 通過するマスには各種のイベントが仕掛けられているほか、「公園でネタの練習をしていたら警察官に職務質問された」(ネプチューン・原田泰造)、「まんじゅうだけで1週間生活して体がおかしくなった」(ふかわりょう)、「営業のギャラがカニだった」(18KIN)など、さまざまなエピソードがちりばめられている。

 芸人(プレイヤー)に対して色々な指示が飛ぶ「タレントカード」には、ワタナベエンターテインメント所属の飯島愛、マルシア、中山秀征などが登場するほか、ゲームの展開上で大きな鍵を握る「魂カード」には、“笑いの神”として谷啓、ゲーム内の通貨になる「ファン」には植木等など業界の大御所も登場する。

 なお、ゲームスタート時にはルーレットを回して自分がプレイする芸人を選ぶことになっているが、うまく芸人を選べなかった場合(人生ゲームでいうフリーター)には、「ふかわりょう」としてゲームを進めることになっている。

photo 所持金(ファン)がふかわりょうは少ない……

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -