ニュース
» 2005年10月24日 14時06分 UPDATE

Power設計ベースの省電力CPU、新興企業が発表

Alpha設計者のドッペルプール氏率いる新興企業が、IBMのPowerアーキテクチャを基盤とした省電力のデュアルコアプロセッサを投入する。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 半導体業界のベテランたちが10月24日(米国時間)、In-Stat/MDRのFall Processor Forumで、新会社P. A. SemiとともにIBMのPowerアーキテクチャを基盤とした省電力プロセッサを発表した。

 PWRficientプロセッサシリーズは、同社の初めての製品だ。同社はAlphaプロセッサやStrongARMプロセッサの主任設計者だったダン・ドッペルプール氏らが2年前に設立した(9月30日の記事参照)。ドッペルプール氏は同社の社長兼CEO(最高経営責任者)を務める。

 このシリーズの最初のプロセッサ「PA6T-1682M」は、デュアルコアPowerアーキテクチャプロセッサで、2GHzで走らせた場合に通常使用で5〜13ワットの電力を消費する。2個のコア、2基のDDR2コントローラ、2Mバイトの2次キャッシュを統合し、複数のI/O標準サポートをすべてオンチップで搭載している。このI/Oサブシステムには8基のPCI Expressコントローラ、2基の10ギガビットイーサネットコントローラ、4基のギガビットイーサネットコントローラが含まれる。

 PWRficientプロセッサは、組み込みネットワーキング・通信機器、攻勢のコンピューティング、家電に最適だとP. A. Semiは述べている。同社はこのプロセッサの顧客を発表しなかった。

 同社は、PWRficient設計を2.5GHz、最大8コアにできると考えている。デュアルコアPA6T-1682Mは、来年第3四半期にサンプル出荷を開始する見込みだ。4コアPWRficientプロセッサは2007年後半に予定されており、8コア版は2008年を目指して進行中という。

 同社は従業員数150人、その中にはAMDのOpteron設計に携わっていたジム・ケラー氏や、IntelのTukwila Itanium 2に関わっていたピート・バノン氏も含まれる。同社に資金を提供しているベンチャーキャピタル会社は主にBessemer Venture PartnersとVenrock Associates。

 ケラー氏は24日に、Fall Processor ForumでPWRficient設計の概略についてプレゼンテーションを行う予定だ。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -