ITmedia NEWS >
速報
» 2005年11月01日 20時43分 UPDATE

UFJ銀行、隠し撮りは52店舗約5900人の可能性

UFJ銀行のATMに隠しカメラが置かれていた事件で、隠し撮りの被害は1都3県の52店舗、約5900人に上る可能性があることが分かった。

[ITmedia]

 UFJ銀行の無人ATMコーナーに隠しカメラが置かれていた事件で、同行は11月1日、暗証番号を隠し撮りされたのは1都3県の52店舗、約5900人に上る可能性があると発表した。

 盗撮が行われた可能性があるのは、東京都内の36店舗と、埼玉、神奈川、千葉の16店舗。期間は8月29日から、画像受信機を持っていた男が警視庁に逮捕された10月13日の間としている。該当する時間帯に暗証番号を使ってATMを利用した顧客を調べたところ、約5900人に上った。

 同行によると、これまで預金引き出しなどの被害事例は確認されていないという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.