速報
» 2005年11月16日 12時59分 UPDATE

XCP「rootkit」組み込みマシン、日本は最多の21万台?――専門家が指摘

SONY BMGのrootkitがインストールされてしまっているPCは、少なくとも世界に56万8200台はあると、インターネットの専門家がブログで明らかにした。

[ITmedia]

 SONY BMGがCDのコピー防止目的で仕込んだXCP技術について、インターネットの専門家から、新たな統計が明らかになった。少なくとも世界中で56万台以上のWindowsマシンにXCP「rootkit」が組み込まれ、そのうち日本のマシンは21万台を超えるという。

 DNS専門家のダン・カミンスキー氏がブログで明らかにした情報によると、XCP「rootkit」が組み込まれたマシンは、少なくとも56万8200台だという。同氏は国別データも公表しており、それによれば、日本はトップの21万7000台、米国が13万台となっている。

 「ハッキング対策マニュアル」の著者でもあるカミンスキー氏は、同氏のサイトが保持しているDNSサーバのリストからDNSクエリーのキャッシュを参照することにより、この統計を導き出したという。

 同氏は「少なくとも56万8200台のネームサーバが、このrootkit関連のリクエストを受けている。XCPが組み込まれたマシンの実数はSONY BMG(とFirst 4 Internet)が知るだけだが、彼らはコミュニケーションを取りたがらない」と述べており、「スケールから考えると、数百万台というワーム規模のインシデントとなるのにそう時間はかからないだろう」と指摘している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -