速報
» 2005年11月22日 08時05分 UPDATE

電子フロンティア財団もSONY BMG相手取り集団訴訟

米テキサス州に続き、電子フロンティア財団もSONY BMGを相手取って集団訴訟を起こした。

[ITmedia]

 電子フロンティア財団(EFF)は11月21日、SONY BMGを相手取って集団訴訟を起こしたと発表した。2400万枚以上の音楽CDに組み込まれていたXCPとMediaMaxソフトによる損害を回復するよう求めている。

 訴訟は米ロサンゼルス郡の裁判所に起こされた。SONY BMGがセキュリティ上のリスクを認めてリコールなどの措置を取ったことは歓迎するとしながらも、同社がリリースしたXCPソフトやMediaMaxソフトのアンインストールプログラムはそれ自体がさらに脆弱性を広げるものだったとEFFは指摘。

 さらに、XCPに感染した200万人以上の顧客に向けてリコールプログラムを広く宣伝することをSONY BMGが拒んでおり、ユーザーへの賠償もしていなければ、エンドユーザーライセンス合意(EULA)に含まれている理不尽な条件も削除していないと非難している。

 EFF法務責任者のシンディ・コーン氏は発表文で「音楽ファンが正規に購入した音楽を聴くためだけに、潜在的に危険なソフトやプライバシーを侵害するソフトをコンピュータにインストールさせられることがあってはならない。正規の顧客がなぜSONY BMGの実験のためのモルモットにならなければいけないのか」と指摘した。

 EFFによれば、SONY BMGに対してはテキサス州の提訴に加え、全米でほかに6件の集団代表訴訟が起こされているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -