速報
» 2005年11月22日 08時29分 UPDATE

IntelとMicron、NANDフラッシュの合弁設立――iPod向けに供給

IntelとMicronが家電・携帯機器向けNANDフラッシュメモリ製造を手掛ける合弁会社「IM Flash Technologies」を新設。製品の「相当部分」をAppleに供給する。

[ITmedia]

 米IntelとMicronは11月21日、家電・携帯機器向けNANDフラッシュメモリ製造を手掛ける合弁会社「IM Flash Technologies」の新設で合意したと発表した。同社の製品の「相当部分」をApple Compurterに供給する契約も同時発表している。

 新会社は年内に正式設立の見通し。Micronが51%、Intelが49%を保有し、両社が当初12億ドルずつ出資。特定の条件下で向こう3年の間にさらに14億ドルずつ追加出資し、必要に応じて出資額を増やす計画。Micronが持つNAND技術開発および効率的な製造施設運営のノウハウと、Intelが持つマルチレベルセル技術およびフラッシュメモリ事業の経験を併せ、72ナノメートルおよび50ナノメートル技術への移行を積極的に進める。2006年当初から製造を開始する見通し。

 IM Flash Technologiesの製品はIntelとMicronに独占供給されるが、両社がそれぞれAppleとの間で長期契約を結び、IM Flash Technologiesが製造したNANDフラッシュメモリをAppleに供給する。Appleからは両社にそれぞれ2億5000万ドルずつ前払いを行う。

 新会社の経営は、Intelの製造工場Fab 11の責任者を務めていたデイブ・バグリー氏と、Micronの製造施設責任者を務めていたロッド・モーガン氏が担う。

 Micronのスティーブ・アップルトンCEOは「今回の戦略的関係により、IntelとMicronの両社がそれぞれの強みを生かして急成長中のNAND市場で主導的な立場に立つことになる」とコメント。Intelのポール・オッテリーニCEOは「Micronと協力できるのを心待ちにしている。Appleがわれわれとの関係を拡大してくれたことを心から歓迎する」と述べている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -