ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年10月14日 07時39分 UPDATE

MP3プレーヤー市場、フラッシュけん引で急成長続く――IDC予想

IDCの予想によると、MP3プレーヤー市場は今後も成長を続ける見通し。特にフラッシュプレーヤーは低価格・大容量化により急成長している。

[ITmedia]

 調査会社IDCが10月13日発表した予想によると、MP3プレーヤー市場はフラッシュプレーヤーがけん引する形で今後も急成長を続ける見通しだ。フラッシュプレーヤーの世界出荷は2004年の2640万台から、2009年には1億2400万台近くに到達する見通し。

 フラッシュプレーヤーの成長要因としてIDCは、フラッシュメモリの価格低下、複数デバイスのストレージのためのフラッシュ採用などを挙げている。2004年に1Gバイトだった携帯フラッシュプレーヤーの最大容量は、2006年には8Gバイト、2007年後半には16Gバイトに達する見込み。

 HDD搭載のMP3プレーヤーも2009年までに年率21.5%の伸びが見込めるが、価格がこの期間を通じて200ドルを上回ること、およびフラッシュプレーヤーの容量増大の影響で、HDDプレーヤーの成長は抑制されると予想している。

 また、MP3携帯がMP3プレーヤー市場にある程度影響を与えることも予想されるが、国によってこの状況は異なるとIDCは解説している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.