速報
» 2005年12月17日 08時39分 UPDATE

SolarisでLinuxアプリ実行のソフト「BrandZ」リリース

Linuxアプリケーションに手を加えることなくSolarisで実行するためのソフト「BrandZ」(旧称Project Janus)が、ほぼ1年遅れで公開された。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 米Sun Microsystemsは、Linuxアプリケーションに手を加えることなくSolarisで実行するためのソフトをほぼ1年遅れでリリースした。このソフトはこれまでProject Janusと呼ばれていたが、今回「BrandZ」と改称され、SunのOpenSolarisコミュニティーで12月13日に公開された。

 プロジェクトを率いるSunエンジニアのニルズ・ニュウェジャー氏によれば、BrandZのリリースによってこのプロジェクトがある程度拡大。同技術はFreeBSDやApple ComputerのオープンソースプロジェクトDarwinといったOSの実行にも利用できる。

 Janusは、今年リリースされたSolaris 10には実装されなかった。同ソフトを設計し直してSunの新しい仮想化技術「Solaris Zones」に対応させた方がいいと、Sunのエンジニアが判断したためだ。

 SunではいずれBrandZで、Red HatやNovellなどの特定のLinuxディストリビューションをサポートしたい意向だと、調査会社Ideas Internationalの上級アナリスト、トニー・イアムズ氏は解説している。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -