速報
» 2006年01月11日 06時36分 UPDATE

Microsoft、Mac版Office開発継続を表明

Intelプロセッサ搭載Macの発表に合わせ、Microsoftはこれに対応したMac版Officeの開発を表明。Appleとの間で正式に5年契約を結んだことを明らかにした。

[ITmedia]

 米Microsoftは1月10日、Intelプロセッサ搭載とPowerPC搭載の両方のMac向けに、Microsoft Officeの新バージョンを開発する計画を発表した。

 サンフランシスコで開催のMacworld Conference & Expo 2006で、MicrosoftのMac事業部(Mac BU)がMac版Officeに関する5年間の正式契約を発表。これはMicrosoftとAppleの協力姿勢を裏付けるものであり、Microsoftが引き続きMacプラットフォームにコミットする姿勢を示すものだと強調している。

 Windows版との互換性を保証するため、Windows版Officeの次期バージョンリリースに合わせ、新しいMicrosoft Office Open XMLフォーマットをMac版Officeで読み込むためのコンバータをダウンロード提供する。このコンバータは現行版のOffice for Macに対応する。

 3月にはEntourage 2004 for Macの機能強化をリリース予定。Entourageの予定表、アドレス帳、ノート、タスクを携帯機器と同期できるようになるほか、TigerのSpotlightも新たにサポートし、Entourageの電子メール検索機能を強化する。

 また、ファイル転送のセキュリティ強化などを図った企業向けのIMソフト新版「Messenger for Mac 5.1」も3月にリリースの見通し。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -