速報
» 2006年01月14日 08時40分 UPDATE

国際空港で電子パスポートの実証実験開始

電子パスポートに組み込まれた非接触チップには、個人情報とデジタル写真が記録されており、米サンフランシスコ国際空港などでこれを読み取る実証実験を行う。

[ITmedia]

 バイオメトリクス情報を記録したチップ内蔵の電子パスポートを使った実証実験が、1月15日から米サンフランシスコ国際空港などで開始される。米国家安全保障省では今年秋までに電子パスポート読取装置の導入を目指しており、これに向けた2度目の実証実験となる。

 実験は米、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポールが協力して4月15日までの期間で実施。協力国で新規に発行された電子パスポートを持った乗客やSingapore Airlines乗員、米国の外交官が参加して、サンフランシスコとシンガポールのチャンギ空港、オーストラリアのシドニー空港で電子パスポートを提示してもらう。

 電子パスポートに組み込まれた非接触チップには、個人情報とデジタル写真が記録されており、新しいリーダーとソフトを使ってこの情報を読み取り、業務に与える影響を評価する。パスポートにはBasic Access Control(BAC)というセキュリティ機能を実装、情報が不正に読み取られたり、スキミングされるのを防いでいる。

 今回の電子パスポート実証実験は、ロサンゼルス国際空港で先に行われた実験に次いで2度目となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -