速報
» 2006年01月19日 08時01分 UPDATE

Google Talk、XMPP対応IMとの相互運用実現

Google Talkが、サーバ対サーバのXMPPプロトコルに対応した通信サービスとの完全な相互運用性を実現。別のサービスとの間で相互に通信できるようになった。

[ITmedia]

 米Googleは1月17日、インスタントメッセージング(IM)サービスの「Google Talk」で、サーバ対サーバのXMPPプロトコルに対応した通信サービスとの完全な相互運用性を実現したと発表した。これにより、別のサービスからGoogle Talkにアクセスして相互に通信することが可能になる。

 XMPPは世界で多数のサービスプロバイダーがサポートしており、大手企業やISP、大学、個人ユーザーが運営しているXMPPベースのコミュニケーションサービスも数多いとGoogleは解説。その一例として、Jabber.org、Earthlink、Sipphone's Gizmo Project、Chikka(フィリピン)、MediaRing(シンガポール)、Tiscali(イタリア)、Netease(中国)を挙げている。

 電子メールや電話の場合はアドレスやキャリアが違っても問題なく通信できるのに、IMやインターネット電話ではまだ多くの場合、特定サービスのアカウントを持ったユーザー同士でしか通信ができないとGoogleは指摘。同社ではユーザーの選択とオープン標準を支持しており、Google Talkの公開により、自分が選んだサービスプロバイダーのアカウント1つで世界中のユーザーと通信できるようになると説明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -