速報
» 2006年01月26日 07時55分 UPDATE

なりすましの苦情、年間25万件に――FTC報告書

全報告件数約68万6000件のうち、なりすましに関する苦情が25万件(37%)で圧倒的多数。インターネット関連の苦情は46%を占めた。

[ITmedia]

 米連邦取引委員会(FTC)は1月25日、詐欺に関して消費者から寄せられた苦情についてまとめた2005年の年次報告書を発表した。全報告件数約68万6000件のうち、なりすましに関する苦情が25万件(37%)で圧倒的多数を占めている。

 FTCではインターネットとフリーダイヤル経由で消費者からの報告を受け付けている。詐欺に関する苦情のうち、インターネット関連は46%を占めた。

 カテゴリー別では、なりすましに次いで苦情が多かったのはインターネットオークションの12%。次いで国外からの送金話関連8%、ホームショッピング/カタログ通販関連8%、賞金/宝くじ関連が7%、インターネットサービス/コンピュータ関連5%などとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -