速報
» 2006年01月26日 07時58分 UPDATE

IBM、CIMS Labを買収

CIMS Labのソフトでは、仮想化されたIT環境全般にわたるコンピューティングリソースの利用状況を把握できる。IBMはTivoli部門にCIMS Lab業務を組み込む計画。

[ITmedia]

 米IBMは1月25日、未公開のソフト企業CIMS Labを買収したと発表した。買収金額は非公開。

 CIMS Labのソフトでは、サーバ、ストレージ、電子メール、ネットワーク、データベース、アプリケーション、OSなどの仮想化されたIT環境全般にわたるコンピューティングリソースの利用状況を把握できる。

 例えば銀行でローン、抵当、小口金融など複数の事業を展開していて、ソフトアプリケーションとストレージデバイスを共有している場合、CIMS Labのソフトが提供する情報によって、各部門がどの程度のリソースを利用しているかを把握する一助となる。

 CIMS Labの買収により、IBMの管理ソフトポートフォリオの仮想化技術が補完されると説明。Tivoli部門にCIMS Labの業務を組み込み、IBM DirectorとIBM TivoliソフトにCIMSのソフトを統合する計画。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -