速報
» 2006年02月04日 08時27分 UPDATE

ロシア証券取引所がウイルス感染でダウン

ロシア証券取引所のコンピュータ1台がウイルスに感染し、大量のメールを放出。これが原因で株式市場と先物市場などの取引が一時中断した。

[ITmedia]

 ロシア証券取引所でコンピュータがウイルスに感染し、取引が一時中断された。セキュリティ企業のSophosが明らかにした。

 Sophosによると、2月2日にロシア証券取引所のインターネットに接続されたコンピュータ1台がウイルスに感染した。ウイルスの種類は不明だが、このコンピュータから大量のメールが送信されたせいで、通常のメールの送受信ができなくなってしまった。

 これが原因で株式市場と先物市場などの取引が一時中断したが、現在では取引は再開されているという。Sophosでは「システムに不正アクセスされた恐れがある」(グレアム・クルーリー上級技術コンサルタント)と指摘しているが、専門家はデータが盗まれた事実はないと断言しているという。

 「証券取引を中断させられるようなウイルスは経済的損失につながる可能性があり、公衆の面前で公的機関の信用に傷が付く恐れもある。ウイルスの脅威を深刻に考えていない企業にとっての警鐘と見るべきだ」とクルーリー氏は話している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -