速報
» 2006年02月16日 15時43分 UPDATE

「Office 12」改め「2007 Microsoft Office」、2006年末までに一挙投入

コードネーム「Office 12」の概要が明らかになった。シリーズ全体の正式名称は「2007 Microsoft Office」で、各スイートの名称は「Microsoft Office Standard 2007」などとなる。

[ITmedia]

 米Microsoftは2月15日、Microsoft Officeの次期メジャーアップグレードの概要を明らかにした。これまで「Office 12」のコードネームで呼ばれていたが、シリーズの正式名称は「2007 Microsoft Office」となる。スイート、単体アプリケーション、サーバ、サービスのすべてが2006年末までに発売される計画だ。

 デスクトップ向けスイート製品は、「Microsoft Office Standard 2007」(399ドル)、「Microsoft Office Professional 2007」(499ドル)、「Microsoft Office Small Business 2007」(499ドル)、「Microsoft Office Home and Student 2007」(149ドル)が提供される。

 企業向けスイートとしては、「Microsoft Office Enterprise 2007」「Microsoft Office Professional Plus 2007」がリリースされる。こちらはボリュームライセンスのみ。OEM向けの「Microsoft Office Basic 2007」も用意される。

 単体プログラムとしては現最高技術責任者であるレイ・オジー氏の会社Grooveとともに獲得した技術を製品化した「Microsoft Office Groove 2007」が登場する。これは、「Groove Virtual Office」のアップデートリリース。「Groove」はサーバ製品およびホステッドサービスも用意されている。

 「Microsoft Office Professional Enterprise Edition 2003」の後継となる「Microsoft Office Professional Plus 2007」は、「Microsoft Office SharePoint Server 2007」と連動し、「Microsoft Office Communicator」も同梱される。また、「Microsoft Office SharePoint Designer 2007」には、「Microsoft Office FrontPage 2003」の技術の一部が組み込まれているという。

 サーバ製品としては、企業ポータルおよびコンテンツ管理を担当する「Office SharePoint Server 2007」をはじめ、BI、ECM、EPMなどの分野に特化したサーバ群が多数用意されている。

 同社は2006年前半に2007 Microsoft Officeのβ2リリースを予定している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -