ニュース
» 2006年02月24日 17時48分 UPDATE

NTT東西の顧客情報がWinny流出、業務委託先社員の自宅PCがウイルス感染

NTT東日本とNTT西日本は、ウイルス感染により、同社の顧客1396名分の個人情報や社員情報を含むファイルがWinnyネットワーク上に流出していたことを明らかにした。

[ITmedia]

 NTT東日本とNTT西日本は2月24日、ウイルス感染により、同社の顧客1396名分の個人情報や社員情報を含むファイルがP2Pファイル共有ソフト「Winny」のネットワーク上に流出していたことを明らかにした。

 流出が判明したのは2月23日。NTT東日本の顧客、1396ユーザーの氏名や会社名、住所、電話番号などがWinnyネットワーク上に流出した。この中にはNTT西日本と共通の顧客、6ユーザー分のデータが含まれていた。また両社社員の氏名や所属組織、電話番号、メールアドレスといった社員情報も229人分流出していたという。

 原因は、NTT東日本栃木支店の業務委託先であるNTT東日本-栃木に所属する社員の自宅PCが、Winny経由でまん延するウイルスに感染したため。両社では、「従来より業務関連ファイルなどの社外への持ち出しは禁止」していたというが、今回の事件を踏まえ、社員に対する周知/教育の徹底や情報管理体制の強化を図るとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -