速報
» 2006年03月13日 19時29分 UPDATE

「Google Mars」で気分は“火星の客”

「Google Mars」では、NASAが撮影した3種類の火星の画像を見ることができる。

[ITmedia]

 米Googleは3月13日、Webブラウザで火星を探索できる「Google Mars」を公開した。「Google Maps」「Google Moon」の火星版だ。

 このサービスは同社と米アリゾナ州立大学の米航空宇宙局(NASA)研究者と共同で開発したものだ。

 Google Marsでは、以下の3種類の画像が見られる。

 Elevation:NASAの火星探査機Mars Global Surveyorのレーザー高度計のデータを基にした標高で色分けされた火星の地図。

ah_mars1.jpg Elevation

 Visible:Mars Global Surveyorの火星軌道カメラが撮影した画像を集めたもの。このカメラは家庭用デジカメに似ており、「もしも人間が火星周辺の軌道上に立ったら、基本的にはこの画像のように見える」とGoogleは説明している。

ah_mars2.jpg Visible

 Infrared:NASAの火星探査機Mars Odysseyの熱放射映像システムで撮影した赤外線写真を集めたもの。暖かい場所ほど明るく、冷たい場所ほど暗く写る。空中の雲やちりは写らないため、これまでで最も鮮明な火星全域の地図だという。

ah_mars3.jpg Infrared

 火星探査機の着陸地点や渓谷、クレーターなどを検索することもできる。

ah_mars4.jpg バイキング1号の着陸点

 現時点ではGoogle EarthではGoogle Marsの画像は見られないが、同社は対応を進めているとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -