速報
» 2006年03月16日 19時17分 UPDATE

Intel MacでWindows XPブートに成功――プロジェクトが宣言

実現が困難とされていた、Intel MacでのWindows XP起動が可能となったもようだ。

[ITmedia]

 賛同者からの寄付により、Intel MacにおけるWindows XPブート実現を加速しようとする「Windows XP on an Intel Mac」プロジェクトが3月16日、ついに目的が達成されたことを明らかにした。

 Intel MacでのWindows XP起動を実現した人物や方法などの詳細はまだ明らかにされていないが、合計1万3854ドルが、Intel MacでのMac OS X、Windows XPのデュアルブートを最初に実現した人物に与えられる。同プロジェクトのフォーラムで、ブートプロセスの画像を含む解説が行われることになる。

 このルールでは、XenやVMwareなどの仮想ソフトを使わないこと、ユーザーはWindows XPとMac OS Xのどちらからもブート可能にすることなどが規定されている。3月30日までにデュアルブートが実現しないと判断された場合は、集まった寄付金は全額Electronic Frontier Foundationに贈られることになっていた。

 Intelプロセッサが搭載されたiMac、MacBook Pro、Mac miniは、従来のPCで採用されているBIOSではなく、EFIを使って起動する方式となっており、Windows XPでの起動は困難視されていた。EFIに対応すると見られていたWindows Vistaも、初期リリースではEFIをサポートしないことが明らかになり、BIOSを搭載しないIntel Macでのブートは最初のサービスパック以降になるだろうとの観測がされている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -