速報
» 2006年04月13日 09時14分 UPDATE

ブロードバンド普及率トップはアイスランド

日本のブロードバンド普及率は17.6%で11位。光ファイバー加入者数はOECD諸国中トップだった。

[ITmedia]

 経済協力開発機構(OECD)が4月11日にまとめた統計によると、2004年は10.2%だった加盟国のブロードバンド普及率は2005年には13.6%となった。

 人口当たりのブロードバンド普及率が最も高かったのはアイスランドの26.7%。次いで韓国、オランダ、デンマークが25%を超えて上位を占めた。日本は17.6%で11位、米国は16.8%で12位。

 ブロードバンドの種類はDSLの62%を筆頭に、CATVが31%、その他(衛星、光ファイバーなど)が7%。日本は光ファイバー加入者数が460万人でOECD諸国中トップだった。韓国でも切り替えが進み、光ファイバー接続が2005年中に52.4%伸びたのに対し、DSLは3.3%減、CATVも1.7%減となっている。

 DSL、CATVなどを合わせたブロードバンド加入者数が最も多かったのは米国の4900万人で、OECD全体のブロードバンド人口の31%を占めた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -