速報
» 2006年04月14日 08時21分 UPDATE

公衆無線LAN利用増大、「無料なら」の条件付き

JupiterResearchによると、公衆無線LANの利用者は2004年の14%から2005年は20%に増加。ただし無料のサービスのみを利用するというユーザーが58%を占めた。

[ITmedia]

 調査会社米JupiterResearchのまとめによると、公衆無線LANを利用するネットユーザーは2004年の14%から2005年は20%に増え、43%の伸びを示した。

 報告書によれば、公衆無線LANの利用は急速に伸びている半面、料金を払ってでも利用したいと思うコンシューマーはそれほど増えていないという。

 公衆無線LANユーザーのうち58%は無料のサービスのみを利用すると回答。一方、公衆無線LANを利用しないというユーザーは、必要がない、機器を持っていないという理由を筆頭に挙げた。

 無線LANサービスを提供する側は、仕事で利用するユーザーと自宅で無線ネットワークを利用しているユーザーに照準を当てる必要があるとJupiterResearchは解説している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -