ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2006年04月21日 07時48分 UPDATE

HP、ノートPCバッテリーをリコール

各国で販売されたHPとCompaqブランドのノートPC付属バッテリー1万5700台に欠陥があることが判明。バッテリーが過熱して火傷する恐れがあるという。

[ITmedia]

 米Hewlett-Packard(HP)は4月20日、各国で販売されたHPとCompaqブランドのノートPCバッテリーのリコールを発表した。バッテリーの欠陥が原因で、過熱して火傷する恐れがあるという。

 問題があるのは2005年1月1日から10日にかけて中国で製造された充電式のリチウムイオンバッテリー。世界で約1万5700台が対象となる。HP Pavilion dv1xxx/ze2xxx、Compaq Presario V2xxx/M2xxx、HP Compaq nx48xxに付属し、「L3」で始まるバーコードラベルが付いている。

 HPにはバッテリー過熱について、米国からの2件を含む20件の情報が寄せられており、うち1件では軽度のやけどが報告されているという。

 消費者製品安全委員会(CPSC)では、該当のバッテリーを使っている場合は直ちに利用を停止してノートPCから取り外し、HPに連絡して交換してもらうよう勧告している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.