トップ10
» 2006年04月24日 20時20分 UPDATE

News Weekly Access Top10(2006年4月16日-4月22日)「世界に1つだけのゲノム」

文部科学省が公開した「一家に1枚ヒトゲノムマップ」は、言葉の選び方やイラストのセンスが“お役所離れ”している。

[岡田有花,ITmedia]

 先週のアクセストップは、文部科学省が公開した“ヒトゲノムマップ”に関する記事。おカタい役所のイメージに反し「一家に1枚ヒトゲノムマップ」というキャッチーなコピーが素敵だ。

 マップ自体もなかなか楽しい。Web版は、円状に並んだ24の染色体の図が、マウスの動きに合わせてぐるぐる動く。染色体をクリックすると、その役割を説明したウインドウをポップアップ表示する。その中に描かれているイメージの一部が、妙にシュールで面白い。

画像 明暗の変化に対応するタンパク質のイメージ画がなんだかとっても怖い。同等の遺伝子を持つ動物として紹介されているチンパンジーの表情もすごい
画像 病気のイメージが怖すぎる

 言葉の選び方も憎い。ゲノムが個々人によって異なることを解説したコーナーのタイトルは「世界に1つだけのゲノム」。クリックすると「ナンバーワンよりオンリーワン」という、どこかで聞いたことのあるフレーズが目に飛び込んでくる。

画像 世界に1つだけのゲノムのコーナー

 トップページの情報によると、サイトを製作したのは京都大学大学院生命科学研究科。お役所仕事っぽくない遊び心満載のマップになったのは、大学で作ったから、なのかもしれない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -