速報
» 2006年04月27日 14時17分 UPDATE

動画共有「YouTube」、日本から月200万人利用

米国の投稿動画共有サイト「YouTube」が、日本で月間200万人以上に利用されており、利用時間は米国よりも日本の方が長いという調査結果が出た。

[ITmedia]

 米国の投稿動画共有サイト「YouTube」が、日本で月間200万人以上に利用されている――ネットレイティングスが4月27日に発表した3月のネット利用調査(家庭からのアクセス)で、急速に高まるYouTubeの存在感が浮き彫りになった。

 日本からの訪問者数は、昨年12月以降急増。3月には212万1000人が利用した。国内ネットユーザーの5.2%が利用している計算で、「全内容が英語で提供されているWebサイトとしては異例な利用率」(同社)という。

 米国では月間776万人、ネットユーザーの5.4%が利用しており、利用率は日米ほぼ同率だ。

画像

 1人あたりの訪問頻度と平均利用時間は、日本が米国を上回った。3月の月間で、日本は3.2回・33分37秒だったが、米国は2.7回・24分03秒だった。

 日本の訪問者は若年層が多く、19歳以下が全体の37%。アクセス元は、ブログや「mixi」、フラッシュ専門ポータルなどが多かった。動画へのリンクを日記やリンク集に直接貼り付けられるため、英語サイトであることを意識せずに視聴するケースが多いと、同社は見ている。

 同社の萩原雅之社長は「YouTubeには、日本のテレビ番組など著作権上の問題があると思われる動画が多数投稿されているため、あまり表立って紹介されていないのが実情。しかし、急速な普及実態が明らかになったことで、今後、コンテンツ流通をめぐる議論にも影響を与えそうだ。YouTubeが日本で米国並みに浸透していることは、映像コンテンツの魅力に国境のないことを証明している」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -