速報
» 2006年05月09日 13時40分 UPDATE

IE 7 β2の日本語版公開 (1/2)

Internet Explorer(IE) 7 β2の日本語版が公開された。タブブラウズに対応したほか、RSS購読機能を搭載。フィッシング対策などセキュリティ面も強化している。

[岡田有花,ITmedia]

 マイクロソフトは5月9日、Internet Explorer(IE) 7 β2の日本語版を公開した。Webサイトからダウンロードできる。

 正式版は年内に公開予定で、IEとしては5年ぶりのメジャーバージョンアップとなる。対応OSはWindows XP SP2(64ビット版含む)、Windows Server 2003 SP1。次期OS「Windows Vista」には「7.1」を搭載予定だ。

画像

 ユーザーの利便性を高めつつセキュリティを強化したとしており、複数ページをタブで同時に開けるタブブラウジング機能やRSS購読機能を備えた。フィッシング対策も強化している。

 タブで開いた全サイトの画面のサムネイルを、一画面上に一覧表示する「クイックタブ」機能を搭載した。「お気に入り」の特定フォルダ内の複数サイトをタブで一気に開いたり、ホームページを複数設定してタブで同時に開くことも可能だ。

画像 クイックタブ

 RSSリーダー機能を備えた。RSS配信サイトにアクセスすると、ブラウザ右上の専用アイコンがグレーからオレンジ色に変化。クリックするとフィード一覧を表示し、フィードを購読できる。RSSは0.9x、1.0、2.0に、Atomは0.3と1.0に対応した。

画像 RSS登録画面

 フィッシングサイトを検知して警告する「Phising Filter」機能を備えた。ブラックリストに登録されているサイトにアクセスすると、URLバーが赤色に変わってアクセスを中断し、警告ページを表示する。ブラックリストのデータベースは、外部ベンダーと連携して更新する。

 ブラックリストに登録されていないサイトで、ソースコードなどからフィッシングサイトと疑わしい場合は、URLバーが黄色くなり、警告をポップアップ表示する。

画像 ブラックリストに登録されたフィッシングサイトにアクセスした場合
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -