速報
» 2006年05月19日 08時55分 UPDATE

Dell、AMDプロセッサの採用を発表

利益が減少する中で、Dellはサーバ製品にAMDのOpteronを採用すると発表した。

[ITmedia]

 米Dellは5月18日、自社製品にAMDのプロセッサを採用すると発表した。これまでIntelプロセッサのみを採用してきた同社にとっては大きな転換だ。

 この発表は同社第1四半期(2〜4月)決算報告と合わせて行われた。

 同四半期の売上高は前年同期比6%増の142億ドル、純利益は前年同期から18%減少し7億6200万ドル(1株当たり33セント)となった。

 サーバ、ストレージ、サービスと米国外での事業が売上高をけん引し、サービス売上高は前年比28%増、ストレージは12%増だった。米国外での売上高は12%伸び、総売上高の44%を占めたという。

 顧客サポートへの投資と将来の成長に向けた値下げにより、営業利益は19%減の9億4900万ドルとなった。

 「理解していた以上に競争環境が厳しかった」とDellのケビン・ロリンズCEOは発表文で述べている。同社は直販モデル再活性化のために顧客サービス、製品におけるリーダーシップ、生産性とコスト削減の3分野に注力していると同氏は語る。

 顧客サービスに関しては、1億ドル以上を投資し、米国で2000人を超える販売・サポートスタッフを雇い、コールセンターを追加・拡大した。今会計年度中に14の新しい製造施設、設計・開発施設、コールセンターを開設する予定という。

 製品に関しては、年内にAMDのOpteronプロセッサを搭載したマルチプロセッササーバを立ち上げる予定だ。IntelのWoodcrestプロセッサ搭載のサーバも投入する。クライアントマシンに関しては、高性能モデルのXPSブランドとAlienware買収でデザインと品質を強化。また今秋にはIntelのMeromを搭載したノートPCを投入し、年内にIntelのConroeをデスクトップ・ワークステーションに採用する。

 Dellは第2四半期の業績について、第1四半期と同様になると見込んでいる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -